(読み)セツ

  • ま・く
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他カ下二〙
① あらかじめ用意する。準備して待つ。もうける。
万葉(8C後)九・一七八〇「さし向ふ 鹿島の埼に さ丹塗の 小船を儲(まけ)
② 心の準備をして待つ。
③ 特に、季節や時の来るのを心待ちに待つ。待ち受ける。待ち受けた結果、その時になるの気持をこめて用いることが多い。→片設(かたま)く
※万葉(8C後)八・一四八五「夏儲(まけ)て咲きたるはねずひさかたの雨うち降らば移ろひなむか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

設の関連情報