コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評書 ひょうしょpíng shū

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしょ【評書 píng shū】

中国の講談柳敬亭(1587‐1670?)を始祖としている。書は北方,湖北,四川などでの呼称。江南,福州では評話と呼ぶ。それぞれ風格,言語,演出法に相違はあるが,扇子,手ぬぐいと醒木なる木片(玉もある)を打つのは共通である。出し物は王朝物に《三国》《西漢》,合戦物に《岳飛》《英烈》,緑林物に《水滸》《七俠五義》,神怪物に《西遊記》《聊斎志異》《済公伝》などあり,もと師伝のものと活字をもとにしたものとがあったが,名人は前者に多く属し,《三国》読み《水滸》語りの流派を形成していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

評書の関連キーワードシーラ・A. イーゴフ読むことのアレゴリー太平記評判秘伝理尽鈔浄瑠璃秘伝抄スタイナー太平記綱目スウェイト岡 鬼太郎前野良沢顔氏家訓シモンズペラダン江島其磧司空図歌舞伎欧陽修大道芸平話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android