評書(読み)ひょうしょ(英語表記)píng shū

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうしょ【評書 píng shū】

中国の講談柳敬亭(1587‐1670?)を始祖としている。書は北方,湖北,四川などでの呼称。江南,福州では評話と呼ぶ。それぞれ風格,言語,演出法に相違はあるが,扇子,手ぬぐいと醒木なる木片(玉もある)を打つのは共通である。出し物は王朝物に《三国》《西漢》,合戦物に《岳飛》《英烈》,緑林物に《水滸》《七俠五義》,神怪物に《西遊記》《聊斎志異》《済公伝》などあり,もと師伝のものと活字をもとにしたものとがあったが,名人は前者に多く属し,《三国》読み《水滸》語りの流派を形成していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android