諏方国(読み)すわのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諏方国
すわのくに

古代,長野県の諏訪地方にあった国。『続日本紀』によれば養老5 (721) 年に信濃国を分けておかれ,天平3 (731) 年再び信濃国に合併された。この地は諏訪湖畔の諏訪大社を中心とし,その社家大祝 (おおはふり) ,のち諏訪氏に支配され,諏訪郡は神郡的色彩が強かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

諏方国【すわのくに】

721年―731年の間,信濃(しなの)国を割いて設置された国。範囲は諏訪・伊那(いな)両郡のほか,国府所在地ともども諸説がある。分国の背景は諏訪大社を中心とする文化的・信仰的な特異性なども指摘されているが不明。
→関連項目信濃国

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android