コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫早豪雨 いさはやごうう

3件 の用語解説(諫早豪雨の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いさはやごうう【諫早豪雨】

1957年7月25日に長崎県の諫早から島原半島にかけて日降水量1000mmをこえる大雨となり諫早豪雨と名付けられた。南高来郡瑞穂町西郷では25日の日降水量が1109.2mm(日本記録),最大1時間降水量144mmに達した。死者856名,行方不明136名。これは梅雨前線上を小低気圧が通過した際に南西の暖かい湿った空気が上層の冷たい空気の下にもぐりこみ集中豪雨を生じたものである。【中島 暢太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉プラスの解説

諫早豪雨

1957年の7月25日~28日にかけて長崎県諫早市付近を襲った局地的豪雨本明川の氾濫などにより、同市だけで死者が500名を超える災害となった。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諫早豪雨
いさはやごうう

1957年(昭和32)7月25日から28日にかけて長崎県南部諫早市を中心に襲った梅雨前線による豪雨。長崎県瑞穂(みずほ)町(現、雲仙(うんぜん)市)では日降水量1109ミリメートルに達した記録的なもので、死者・行方不明者は諫早市で500名を超えるなど、九州を中心に722名に及んだ。[安藤隆夫・饒村 曜]
『諫早市役所総務部総務課編『諫早大水害二十周年復興記念誌』(1977・諫早市) ▽高橋博・木下武雄・植原茂次・藤田寿雄・小松章一・山口高志編『豪雨・洪水防災』(1987・白亜書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諫早豪雨の関連キーワード長崎県立大学諫早国営諫早湾干拓事業諫早湾干拓開門訴訟島原鉄道諫早家崇諫早茂図高島末五郎山下弘文

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone