諫早豪雨(読み)いさはやごうう

世界大百科事典 第2版の解説

いさはやごうう【諫早豪雨】

1957年7月25日に長崎県の諫早から島原半島にかけて日降水量1000mmをこえる大雨となり諫早豪雨と名付けられた。南高来郡瑞穂町西郷では25日の日降水量が1109.2mm(日本記録),最大1時間降水量144mmに達した。死者856名,行方不明136名。これは梅雨前線上を小低気圧が通過した際に南西の暖かい湿った空気が上層の冷たい空気の下にもぐりこみ集中豪雨を生じたものである。【中島 暢太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

諫早豪雨

1957年の7月25日~28日にかけて長崎県諫早市を中心とする九州地方を襲った局地的豪雨とそれによる災害。本明川の氾濫やそれに伴う土石流により、諫早市だけで500名以上が死亡。同市を含む被災地全域では死者・行方不明者あわせて722名が犠牲となった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

諫早豪雨
いさはやごうう

1957年(昭和32)7月25日から28日にかけて長崎県南部諫早市を中心に襲った梅雨前線による豪雨。長崎県瑞穂(みずほ)町(現、雲仙(うんぜん)市)では日降水量1109ミリメートルに達した記録的なもので、死者・行方不明者は諫早市で500名を超えるなど、九州を中心に722名に及んだ。[安藤隆夫・饒村 曜]
『諫早市役所総務部総務課編『諫早大水害二十周年復興記念誌』(1977・諫早市) ▽高橋博・木下武雄・植原茂次・藤田寿雄・小松章一・山口高志編『豪雨・洪水防災』(1987・白亜書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android