コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本明川 ほんみょうがわ

2件 の用語解説(本明川の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕本明川(ほんみょうがわ)


長崎県中部を流れる川。多良(たら)岳火山の五家原(ごかはら)岳(標高1057m)西方に源を発し、南流して諫早(いさはや)市の市街地から東流、諫早湾干拓地の調整池を経て有明(ありあけ)海に注ぐ。1級河川(本明川水系)。延長21km。流域面積87km2。1957年(昭和32)に諫早水害が発生、同市の市街地は大被害を受けた。これを契機に諫早湾締め切り工事による干拓の気運が高まった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんみょうがわ【本明川】

長崎県東部の川。多良岳火山の五家原(ごかばる)岳(1058m)に源を発し,諫早市街地を貫流して有明海に注ぐ。流路延長は約21km,全流域面積87km2。河口付近は干拓による水田地帯である。1957年7月25日,集中豪雨によりはんらんし,濁流は河岸の水田や家屋を押し流して諫早市街で多くの人命を奪った。元禄年間(1688‐1704)にも大水害の記録があり,上流の富川にある大雄寺の渓谷に沿った岩壁には犠牲者の霊を弔う五百羅漢が刻まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本明川の関連キーワード五家七宗多良岳五箇荘・五家荘五家の法五家大山火山帯小長井[町]高来[町]肥前半島五家原岳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本明川の関連情報