コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地子田 ジシデン

世界大百科事典 第2版の解説

じしでん【地子田】

日本古代および中世において地子という名目で収穫の一部が耕作料として支払われ耕作されていた田地のことをいう。《延喜式》では〈位田,職田,国造田,采女田,膂力婦女田,賜田等未授の間,および遥授国司公廨田,没官田,出家得度田,逃亡除帳口分田,乗田〉が輸地子田と定められている。これらの諸田はいずれも公田で地子は国に納められたが,私田(墾田)または11世紀以降に現れる私領田も地子田として経営され,田主または私領主が地子を徴収する場合が多かった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じしでん【地子田】

律令制下、農民に貸し、地子を徴収した公田こうでん。輸地子田。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地子田の言及

【請作】より

…農民が国衙や荘園領主から公領・荘園の田地のあてがいをうけて耕作すること。9世紀後半から10世紀にかけて,国家の営田や荘園において,いわゆる地子田経営がおこなわれるようになる。これは当時〈力田之輩〉とか〈有能借佃者〉〈堪百姓〉などと呼ばれる有力農民=田堵(たと)の成長が見られたのに応じて,律令国家・国衙や荘園領主が彼らに田地を割り当てて耕営せしめ,地子(じし)を弁進させた経営方式である。…

※「地子田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地子田の関連キーワード尾張国郡司百姓等解不輸租田私営田乙木荘雑色田輸租田地子帳請作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android