コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不輸租田 ふゆそでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不輸租田
ふゆそでん

律令制時代,国家に納入すべき田租を免除された田地のこと。寺田神田職田などがこれにあたり,やがて位田功田なども不輸租化した。平安時代に入り,荘園の成長に伴ってまず寺社領荘園,次いで一般貴族の荘園がこの特権を獲得するにいたった。すなわち荘園領主は田租の徴収権を国家から委譲されたこととなり,この特権は日本の荘園の特徴の一つといえる (中国,唐の荘園は不輸租ではない) 。 (→不輸・不入 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

不輸租田【ふゆそでん】

輸租田

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふゆそでん【不輸租田】

律令制で、国家から田租の徴納を免除された田。神田・寺田・勅旨田などがこれにあたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不輸租田
ふゆそでん

律令(りつりょう)制下で田租を免除し、その分を給主の得分とされた水田。耕作農民が免租されたわけではない。輸租田に対する。官田、神田、寺田などが属する。田租のかわりに地子(じし)を納める輸地子田を含めることもある。[竹内理三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の不輸租田の言及

【公田】より

…【池田 温】
[日本]
 古代・中世を通じて長く用いられた語であるが,時代によって語義を異にする。古代の法律用語としての公田は原則として不輸租田であり,輸租田である私田と区別された。不輸租田である公田には,官田,神田,寺田,駅田,射田,諸衛射田,健児田,采女田,節婦田,膂力婦田,御巫田,布薩戒本田,放生田,学校田,勧学田,典薬寮田,飼戸田,職写戸田,官戸奴婢口分田,救急田,惸独田,船瀬功徳田,造船瀬料田,勅旨田が含まれる。…

【輸租田】より

…国衙では永年の備蓄にあてがわれた。律令制時代の田地は,田租を納める輸租田と,納めない不輸租田,そして地子を納める輸地子田(乗田,無主田,収公田など)の3種類に区分できる。輸租田,不輸租田の区別は時期によって少し異なるが,口分田位田功田賜田,郡司職田,国造田と墾田が輸租田,職田公廨(くがい)田,駅田(駅起田),官田(屯田)と寺田神田(大宝令の注釈書の古記は輸租田とするが,田租は本主の寺社に納める)が不輸租田である。…

※「不輸租田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

不輸租田の関連キーワード神田(しんでん)竹内理三官省符荘賀茂神社国写田口分田勧学田公廨田職分田菊万荘職写田節婦田健児田惸独田諸司田放生田雑色田勅旨田賙急田地子

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android