コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護持僧・御持僧 ごじそう

大辞林 第三版の解説

ごじそう【護持僧・御持僧】

清涼殿の二間に侍して天皇護持のために勤行する僧。桓武天皇の時に始まり、東寺・延暦寺・園城寺の高僧に限られていた。夜居よいの僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

護持僧・御持僧の関連キーワード桓武天皇園城寺延暦寺清涼殿東寺二間高僧