コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田副武 とよだそえむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊田副武
とよだそえむ

[生]1885.5.22. 大分
[没]1957.9.22. 東京
海軍軍人。 1905年海軍兵学校,17年海軍大学校卒業。 33~35年連合艦隊参謀長をつとめ,海軍省教育局長,軍務局長,艦隊長官,艦船本部長など歴任後,41年大将。その後,呉,横須賀鎮守府長官などを経て,古賀峯一大将の戦死後,44年5月に連合艦隊司令長官となった。翌年5月に海軍の作戦部隊全部を指揮する海軍総司令長官兼連合艦隊司令長官となったが,まもなく軍令部総長に任じられ,終戦にいたった。戦犯として収容されたが,48年に釈放主著『最後の帝国海軍』 (1950) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田副武 とよだ-そえむ

1885-1957 明治-昭和時代前期の軍人。
明治18年5月22日生まれ。連合艦隊参謀長,軍務局長などを歴任。昭和16年海軍大将。19年連合艦隊司令長官となり,レイテ島海戦などを指揮。20年軍令部総長。ポツダム宣言の即時受諾に反対し,徹底抗戦を主張した。昭和32年9月22日死去。72歳。大分県出身。海軍大学校卒。著作に「最後の帝国海軍」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊田副武
とよたそえむ
(1885―1957)

海軍軍人(大将)。大分県生まれ。海軍兵学校、海軍大学校卒業。イギリス駐在後、軍務局員などを経て、1933年(昭和8)連合艦隊参謀長となる。1935年海軍省軍務局長。1941年大将、呉(くれ)鎮守府司令長官。1944年連合艦隊司令長官となり、レイテ沖海戦を指揮した。1945年最後の軍令部総長となる。ポツダム宣言受諾に反対し、御前会議で徹底抗戦を主張した。敗戦後、戦犯として収容されたが、1948年(昭和23)釈放され、1949年無罪の判決を受けた。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

豊田副武の関連キーワードマリアナ沖海戦鎮守府司令長官レイテ湾海戦台湾沖航空戦富岡 定俊明治

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android