コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田副武 とよだそえむ

3件 の用語解説(豊田副武の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊田副武
とよだそえむ

[生]1885.5.22. 大分
[没]1957.9.22. 東京
海軍軍人1905年海軍兵学校,17年海軍大学校卒業。 33~35年連合艦隊参謀長をつとめ,海軍省教育局長,軍務局長,艦隊長官,艦船本部長など歴任後,41年大将。その後,呉,横須賀鎮守府長官などを経て,古賀峯一大将の戦死後,44年5月に連合艦隊司令長官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田副武 とよだ-そえむ

1885-1957 明治-昭和時代前期の軍人。
明治18年5月22日生まれ。連合艦隊参謀長,軍務局長などを歴任。昭和16年海軍大将。19年連合艦隊司令長官となり,レイテ島海戦などを指揮。20年軍令部総長ポツダム宣言の即時受諾に反対し,徹底抗戦を主張した。昭和32年9月22日死去。72歳。大分県出身。海軍大学校卒。著作に「最後の帝国海軍」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊田副武
とよたそえむ
(1885―1957)

海軍軍人(大将)。大分県生まれ。海軍兵学校、海軍大学校卒業。イギリス駐在後、軍務局員などを経て、1933年(昭和8)連合艦隊参謀長となる。1935年海軍省軍務局長。1941年大将、呉(くれ)鎮守府司令長官。1944年連合艦隊司令長官となり、レイテ沖海戦を指揮した。1945年最後の軍令部総長となる。ポツダム宣言受諾に反対し、御前会議で徹底抗戦を主張した。敗戦後、戦犯として収容されたが、1948年(昭和23)釈放され、1949年無罪の判決を受けた。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田副武の関連キーワード池田平作石井善七観世喜之(初代)伍賀満財津愛象谷洗馬日原無限福永尊介松尾朝春渡辺七郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone