コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹鐘太夫(初代) とよたけ かねたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹鐘太夫(初代) とよたけ-かねたゆう

1730-1779 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
享保(きょうほう)15年生まれ。大坂の人。義太夫節豊竹筑前少掾(ちくぜんのしょうじょう)の弟子。延享4年ごろ豊竹座に初出演,宝暦元年立者にすすむ。のち竹本座にうつり,一時江戸へもおもむいた。大音で鐘太夫風といわれる語り口をのこす。安永8年8月20日50歳(異説に安永4年1月46歳,または51歳)で死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

豊竹鐘太夫(初代)

没年:安永4.1(1775)
生年:享保10(1725)
江戸中期の義太夫節の太夫。元は大坂釣鐘町の硯石商。豊竹上野少掾(竹本大和掾)の門弟。延享4(1747)年,豊竹座初出座か。のち,竹本座や堀江の芝居にも出勤,江戸に下ったこともある。無類の大音で美声といわれた。明和年間(1764~72)に勤めた「嬢景清八島日記」の「日向島の」,「本朝廿四孝」の「十種香の段」,「太平記忠臣講釈」の「喜内住家の段」,「近江源氏先陣館」の「盛綱陣屋の段」といった,傾向の異なる曲に特色を残すという。全体に大きく間を取って語るのが「鐘太夫風」といわれ,今もそうした表現法で伝承される。生没年については,享保15(1730)~安永8.8.20(1779.9.29)説もある。

(高木浩志)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

豊竹鐘太夫(初代)の関連キーワード岸姫松轡鑑浄瑠璃

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android