コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹鐘太夫(初代) とよたけ かねたゆう

2件 の用語解説(豊竹鐘太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹鐘太夫(初代) とよたけ-かねたゆう

1730-1779 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
享保(きょうほう)15年生まれ。大坂の人。義太夫節豊竹筑前少掾(ちくぜんのしょうじょう)の弟子。延享4年ごろ豊竹座に初出演,宝暦元年立者にすすむ。のち竹本座にうつり,一時江戸へもおもむいた。大音で鐘太夫風といわれる語り口をのこす。安永8年8月20日50歳(異説に安永4年1月46歳,または51歳)で死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊竹鐘太夫(初代)

没年:安永4.1(1775)
生年:享保10(1725)
江戸中期の義太夫節の太夫。元は大坂釣鐘町の硯石商。豊竹上野少掾(竹本大和掾)の門弟。延享4(1747)年,豊竹座初出座か。のち,竹本座や堀江の芝居にも出勤,江戸に下ったこともある。無類の大音で美声といわれた。明和年間(1764~72)に勤めた「嬢景清八島日記」の「日向島の段」,「本朝廿四孝」の「十種香の段」,「太平記忠臣講釈」の「喜内住家の段」,「近江源氏先陣館」の「盛綱陣屋の段」といった,傾向の異なる曲に特色を残すという。全体に大きく間を取って語るのが「鐘太夫風」といわれ,今もそうした表現法で伝承される。生没年については,享保15(1730)~安永8.8.20(1779.9.29)説もある。

(高木浩志)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊竹鐘太夫(初代)の関連キーワード半太夫節江戸半太夫義太夫本竹本小清竹本富太夫竹本理太夫豊竹此太夫(3代)豊竹此太夫(5代)豊竹駒太夫(4代)豊竹島太夫(4代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone