痘痕(読み)アバタ

  • いも
  • いもくし
  • とうこん
  • 痘=痕

デジタル大辞泉の解説

《〈〉arbudaの音写。皮膚の水疱(すいほう)の痘瘡(とうそう)が治ったあとの皮膚に残る小さなくぼみ。じゃんこ。
《「いもがさ」の略》
痘瘡(とうそう)天然痘
「笑ひ盛りなる緑子(みどりご)を…あらあらしき―の神に見込まれつつ」〈おらが春
痘瘡のあと。あばた。
「ちっとべい―はあるがと村仲人」〈柳多留・五〉
痘瘡(とうそう)のあと。あばた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 天然痘がなおったあと、顔面に残る発疹の跡。また、そのような形状のもの。いも。じゃんこ。みっちゃ。
※俳諧・炭俵(1694)下「夏草のぶとにさされてやつれけり〈其角〉 あばたといへば小僧いやがる〈孤屋〉」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「大粒な痘痕(アバタ)があるけれど、上塗に工数(くかず)がかかったから見えねへ」
〘名〙 (「いも」は天然痘、また、その治った跡。「くし」も同意という) あばた。
※俳諧・継尾集(1692)四「小屑灰(コズばひ)に歯黒の皿を突すへて〈如行〉 いもくしの名を立るいさかひ〈支考〉」
〘名〙 痘瘡(とうそう)のあと。あばた。いも。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「頬辺の痘痕も掩ふ可からず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android