コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴司山治 きしやまじ

3件 の用語解説(貴司山治の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

貴司山治【きしやまじ】

小説家。徳島県生れ。本名伊藤好市。小学校卒業後,《大阪時事新報》記者をへて上京。大衆小説を書きはじめるが,1929年プロレタリア作家同盟(ナルプ)加盟,中央委員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴司山治 きし-やまじ

1899-1973 昭和時代の小説家。
明治32年12月22日生まれ。昭和4年日本プロレタリア作家同盟の創立に参加。活動家の超人的行動をえがいた作品が労働者に歓迎される。戦時中は筆をたち,戦後大衆小説にもどった。妻は貴司悦子。昭和48年11月20日死去。73歳。徳島県出身。本名は伊藤好市。代表作に「ゴー・ストップ」「忍術武勇伝」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貴司山治
きしやまじ
(1899―1973)

小説家。徳島県生まれ。本名伊藤好市。小学校卒業。『大阪時事新報』『朝日新聞』などの懸賞小説に入選して大衆文学の新人としてデビュー。1929年(昭和4)日本プロレタリア作家同盟の創立に参加。『ゴー・ストップ』(1928~29)、『忍術武勇伝』(1930)など、ストライキを背景に活動家の超人的行動を描き、大衆的筆致の欠陥を指摘されながらも多数の労働者に歓迎された。作家同盟解散後、雑誌『文学案内』を創刊。第二次世界大戦中は文筆を絶ったが、戦後ふたたび大衆文学を書いた。[大塚 博]
『山田清三郎著『プロレタリア文学史』(1954・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貴司山治の関連情報