コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴司山治 きしやまじ

3件 の用語解説(貴司山治の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

貴司山治【きしやまじ】

小説家。徳島県生れ。本名伊藤好市。小学校卒業後,《大阪時事新報》記者をへて上京。大衆小説を書きはじめるが,1929年プロレタリア作家同盟(ナルプ)加盟,中央委員。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴司山治 きし-やまじ

1899-1973 昭和時代の小説家。
明治32年12月22日生まれ。昭和4年日本プロレタリア作家同盟の創立に参加。活動家の超人的行動をえがいた作品が労働者に歓迎される。戦時中は筆をたち,戦後大衆小説にもどった。妻は貴司悦子。昭和48年11月20日死去。73歳。徳島県出身。本名は伊藤好市。代表作に「ゴー・ストップ」「忍術武勇伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貴司山治
きしやまじ
(1899―1973)

小説家。徳島県生まれ。本名伊藤好市。小学校卒業。『大阪時事新報』『朝日新聞』などの懸賞小説に入選して大衆文学の新人としてデビュー。1929年(昭和4)日本プロレタリア作家同盟の創立に参加。『ゴー・ストップ』(1928~29)、『忍術武勇伝』(1930)など、ストライキを背景に活動家の超人的行動を描き、大衆的筆致の欠陥を指摘されながらも多数の労働者に歓迎された。作家同盟解散後、雑誌『文学案内』を創刊。第二次世界大戦中は文筆を絶ったが、戦後ふたたび大衆文学を書いた。[大塚 博]
『山田清三郎著『プロレタリア文学史』(1954・理論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貴司山治の関連キーワード桜田常久橘外男浅見淵翁久允古木鉄太郎摂津茂和寺崎浩中野実野沢純横山美智子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貴司山治の関連情報