貸付資本(読み)かしつけしほん

百科事典マイペディア「貸付資本」の解説

貸付資本【かしつけしほん】

利子を代償として他人の使用にゆだねられる貨幣資本。借りた者はこれを生産に使用,利潤の中から使用料として利子を払う。貨幣資本を集め貸し付ける業務は銀行が行う。貸付資本は長期,短期の銀行信用の形態をとる。利子生み資本の主要形態。
→関連項目前期的資本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の貸付資本の言及

【利子生み資本】より

…マルクス経済学特有の概念で,〈貸付資本〉〈利子付資本〉とよばれることもある。前近代的な形としては〈高利貸資本〉がある。…

※「貸付資本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android