コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利子生み資本 リシウミシホン

百科事典マイペディアの解説

利子生み資本【りしうみしほん】

利子や配当を代償として一時産業資本家その他に貸し付けられる貨幣資本。初期には高利貸資本の形をとるが,後には一定の利子をもたらす貸付資本の形に発展,さらに配当を受ける債券や株式の形をとるに至る。
→関連項目擬制資本産業資本

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りしうみしほん【利子生み資本 zinstragendes Kapital[ドイツ]】

マルクス経済学特有の概念で,〈貸付資本〉〈利子付資本〉とよばれることもある。前近代的な形としては〈高利貸資本〉がある。資本主義経済のもとでは,貨幣は資本として機能することによって,利潤を生み出しうるということを基礎にして,一般に,産業資本をはじめ種々の経済主体が保有するさまざまな形の遊休貨幣は,なんらかの用途にあてようとする人に貸し付けられ,その返済に際し一定の利得(利子)を得る。この利子を得るために積極的に貸し付けられる貨幣を利子生み資本とよぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りしうみしほん【利子生み資本】

所有者が利子を獲得するための資本として使用する貨幣。利子付資本。利付資本。貸付資本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

利子生み資本
りしうみしほん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

利子生み資本の関連キーワードロンドン金融市場マルクス経済学前期的資本利付資本商品

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android