コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前期的資本(読み)ぜんきてきしほん

百科事典マイペディアの解説

前期的資本【ぜんきてきしほん】

単純な商品流通と貨幣流通の発生に伴って資本主義以前の諸社会に現れた古い資本形態。利子生み資本の古い形態である高利貸資本と,商業資本の古い形態である商人資本をさす。封建的諸身分に寄生する前者,不等価交換(安く買って高く売る)によって利潤を得る後者は,市場経済の成立・産業資本の発達による資本主義以前の生産様式の崩壊に伴って活動基盤を失い没落貸付資本と商業資本に代わられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんきてきしほん【前期的資本】

生産様式としての資本主義は,産業資本(賃労働の雇用による産業経営)の運動を軸にして組み立てられている。しかし,利潤を求めて自己増殖する価値をすべて資本と呼ぶなら,資本は,産業資本が成立していない資本主義以前にも存在し,その歴史は〈人類の歴史とともに古い〉とさえ言うことができる。このように資本主義以前に存在し,産業資本と異なる運動をする古い型の資本が前期的資本である。この概念は,資本主義発達史の研究において産業資本と対立する資本類型として,大塚久雄によって提起されたが,マルクスはこれを〈資本の近代的基礎形態〉である産業資本に対して〈資本の大洪水以前的形態〉と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の前期的資本の言及

【高利貸資本】より

…資本主義社会では,産業資本の価値増大に利用されるというかたちで金融業の一般的・経済的基礎が与えられるから,銀行をはじめ近代的金融機関が発達して,できるだけ有利な使途への資金配分を媒介する役割を果たすことになり,高利貸資本は資本の活動の本流からは外れたところに活躍の余地を求めざるをえなくなる。 産業資本と違って高利貸資本は,商品・貨幣流通の発達がありさえすれば社会制度のいかんを問わず存在しえたから,歴史的に非常に古くからあり,商人資本(商業資本)と並んでいわゆる〈前期的資本〉の一半をなす。商業と兼営されることも多かった。…

【在郷商人】より

…このことで都市の問屋と争い,新しい流通組織を作ったものもいたが,中には都市の問屋から資本の供与を受けて,その出先機関化するものもあった。一方,農民に対しては前期的資本としてこれを支配し,農民の抵抗を受け,打毀(うちこわし)の対象となったものも少なくなかった。【伊藤 好一】。…

※「前期的資本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android