(読み)ちょうする

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐・する テフ‥【貼】

〘他サ変〙 てふ・す 〘他サ変〙 (「ちょうずる」とも) 糊などではりつける。比喩的にも用いる。
※正法眼蔵(1231‐53)看経「施主回向の旨趣を紙片にかきて、聖僧のみぎのはしらに貼せり」

ちょう テフ【貼】

〘接尾〙 調合して包んだ薬などを数えるのに用いる。服。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一九「加減して一貼のます秋の風 溜(とま)る筈しゃそ白川の関」

ちょう‐・す テフ‥【貼】

〘他サ変〙 ⇒ちょうする(貼)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう〔テフ〕【貼】

[接尾]助数詞。調合して包んだ薬などを数えるのに用いる。服。
「当帰連翹飲などを二三―進じましたい」〈浮・色三味線・五〉

ちょう【貼】[漢字項目]

常用漢字] [音]チョウ(テフ)(呉)(漢) テン(慣) [訓]はる
はりつける。「貼付貼用
[補説]「貼付」は慣用音で「てんぷ」と読むこともある。

てん【貼】[漢字項目]

ちょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例