賀殿(読み)カテン

世界大百科事典 第2版の解説

かてん【賀殿】

雅楽,舞楽の曲名。嘉殿とも書き,甘泉楽,含泉楽ともいう。唐楽,壱越(いちこつ)調,四人舞,文(ぶん)ノ舞。番舞(つがいまい)は《長保楽》。左方襲(かさね)装束(常装束とも)に別甲(べつかぶと)をかぶり,片肩袒(かたかたぬぎ)で舞う。遣唐使藤原貞敏琵琶譜を唐から伝え,楽人の林真倉(はやしのまくら)が舞を作ったという説や,和邇部太田麿(わにべのおおたまろ)の作という説がある。演奏次第は,壱越調調子,音取―道行(《迦陵頻(かりようびん)》急,早八拍子,舞人登場)―破(延八拍子)―急(2帖,早四拍子)―急の重吹(しげぶき)(退場)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かてん【賀殿】

雅楽の一。唐楽。壱越いちこつ調。新楽。四人舞の文の舞。承和年間(834~848)、遣唐使藤原貞敏さだとしが伝えたという。特別の甲かぶとをかぶり、襲かさね装束を片肩袒かたかたぬぎで舞う。甘泉楽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かてん【賀殿】

雅楽。左方。壱越(いちこつ)調。新楽。四人舞。承和年間(八三四‐八四八)遣唐使藤原貞敏が琵琶(びわ)曲で伝え、舞は林真倉(はやしのまくら)が作ったという。甘泉楽。嘉祥賀殿楽。
紫式部日記(1010頃か)寛弘五年一〇月一六日「万歳楽太平楽、かてんなどいふ舞ども」
[補注]「教訓抄‐一」には、この曲には「さらゐつき」という秘事があり、たやすく奏されるものではなかったことが記される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賀殿の関連情報