コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡物 わたしもの

2件 の用語解説(渡物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡物
わたしもの

日本の雅楽における一種の移調曲。雅楽の移調曲の旋律は原曲の旋律と異なってくるので,そのような旋律の変化を楽しむものとして,特に平安時代に貴族の間で催された御遊 (ぎょゆう) において発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わたしもの【渡物】

日本の雅楽の唐楽における移調曲のこと。雅楽では,ある調子(六調子の一つとしての調子)の曲を,別の調子に移調することを〈渡す〉といい,移調した曲を原調の曲に対して渡物という。特別な例外を除いて,管絃専用の曲にのみある。管絃の催しでは,一日の番組を同一の調子の曲だけで編成する習慣があり,双調(そうぢよう)などのように,固有の楽曲が少ない調子では,他調からの渡物を加えることによって変化のある番組の作成が可能になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の渡物の言及

【雅楽】より

…盤渉調《越殿楽(えてんらく)》はその代表曲であるが,同じく盤渉調の《白柱》《竹林楽》などはもっぱら葬礼曲として奏される。 雅楽曲は本来の調子から別の調子に渡し(移し)て編曲されることがあり,これを〈渡物(わたしもの)〉という。渡物は律なら律,呂なら呂の各調子の間で行われ(《林歌(りんが)》は例外的に高麗平調から唐楽の平調へ渡されている),現在《越殿楽》(平調,盤渉調,黄鐘調の3種があり,原曲は平調とも盤渉調ともいわれている),双調《鳥》(破,急。…

【調子】より

…六調子の種類は,旋りの聞き分けによって判別できる場合が多い。また,渡物(わたしもの)の旋律が原調とすっかり変わってしまうのは,旋りの置換えによって移調が行われるからである。六調子は五行説と結びついて,四季に配されたり,葬儀には盤渉調の曲を用いるなどのこともある。…

※「渡物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone