賤ヶ岳の戦(読み)しずがたけのたたかい

百科事典マイペディアの解説

賤ヶ岳の戦【しずがたけのたたかい】

1583年近江(おうみ)国賤ヶ岳で,豊臣秀吉柴田勝家が戦った決戦。本能寺の変後台頭した秀吉と,織田家の宿老勝家の主導権争いが激化し,4月21日決戦が行われた。戦いは秀吉の大勝に終わり,勝家は居城越前北庄(きたのしょう)に追いつめられ自刃し,秀吉は信長の後継者の地位を確立。なおこの戦いでの秀吉軍の福島正則加藤清正加藤嘉明平野長泰脇坂安治片桐且元,加須屋真雄の奮戦ぶりを賤ヶ岳の七本槍という。
→関連項目賤ヶ岳前田利家

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しずがたけのたたかい【賤ヶ岳の戦】

1583年(天正11)4月近江国賤ヶ岳付近でおこなわれた羽柴(豊臣)秀吉と柴田勝家の戦い。織田信長の死後,秀吉と勝家の勢力争いに信長の遺子信雄(のぶかつ)と信孝の争いが加わったものである。1582年12月秀吉は越前北ノ庄の勝家が雪で兵を出せないのに乗じて,勝家の属城近江長浜城を攻略,勝家と結んだ岐阜城の信孝を下した。翌年正月勝家と結んだ滝川一益が伊勢で挙兵したので,秀吉は信雄と結んで攻撃した。勝家は雪どけを待って佐久間盛政を先発させ,北国街道の柳ヶ瀬に陣した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の賤ヶ岳の戦の言及

【佐久間盛政】より

…1580年(天正8)伯父佐久間信盛の失脚に連座して蟄居(ちつきよ)したが,許されて柴田勝家に属する。83年の賤ヶ岳の戦では勝家方として活躍したが,敗戦により捕らえられて斬首された。【柴辻 俊六】。…

※「賤ヶ岳の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android