赤リン(燐)(読み)せきりん

百科事典マイペディアの解説

赤リン(燐)【せきりん】

リンの同素体の一つ。比重2.05〜2.34,融点589.5℃(43.1気圧)。赤褐色の粉末。空気中常温で安定。416℃で昇華し,260℃で発火する。水,二硫化炭素に不溶。花火,マッチの製造に使用。空気を遮断した密閉容器中で黄リン(白リン)を320〜340℃で長時間熱してつくる。黄リンと違い化学的な反応性は弱く毒性がない。
→関連項目黄リン(燐)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の赤リン(燐)の言及

【リン(燐)】より

… 単体リンには多くの変態があるが,同素体として白リン,紫リン,黒リンの3種が主要なものである。通常得られる黄リンは淡黄色で透明な蠟状であるが,純粋なら無色であり,本来白リンと呼ばれるもので,白リンの表面に赤リンの少量が生じて淡黄色を呈しているといわれている。白リンではリンは固体,液体,および溶液中でP4分子(正四面体,結合間隔P-P=2.21Å,結合角60゜)として存在している。…

※「赤リン(燐)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android