コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤リン せきリンred phosphorus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤リン
せきリン
red phosphorus

リン同素体の1つ。赤色ないし紫色粉末。性質は白リンと黒リンの中間。比重 2.05~2.34,融点 589.5℃ (43.1気圧) ,416℃で昇華。白リンのように自然発火しない。溶媒不溶。白リンより活性は弱く,高温度でだけ反応する。 290℃で蒸留すると白リンを生じる。空気中で加熱すると約 260℃で発火,五酸化リンを生じる。塩素酸カリウム過マンガン酸カリウム過酸化物などの酸化物と混ぜると摩擦によって爆発し,危険である。安全マッチリン酸,リン化水素,無水リン酸,肥料,農薬などの製造や有機合成に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

赤リンの関連キーワードヘル=フォルハルト=ゼリンスキー反応ヨウ化アルキルリン(元素)ヨウ化エチル黄リン(燐)エライジン酸ヨウ化水素クロロ酢酸黄燐マッチハロゲン化臭化水素マッチ危険物セタン発音剤花火単体燐寸黄燐

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android