コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤大根 あかだいこん

大辞林 第三版の解説

あかだいこん【赤大根】

大根の一種。表皮は赤、中は白。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤大根 (アカオオネ)

植物。セリ科の越年草,園芸植物,薬用植物。ニンジンの別称

赤大根 (アカダイコン・アカオオネ)

植物。大根品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

赤大根[根菜・土物類]
あかだいこん

九州・沖縄地方、熊本県の地域ブランド。
主に球磨郡五木村で生産されている。五木村やその周辺地域では、在来の糸巻き大根系の大根など、多数の品種・系統がある。甘みが強く、肉質もかたく煮くずれしにくい。くまもとふるさと伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

赤大根の関連キーワード一種表皮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android