コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松月船 あかまつ げっせん

1件 の用語解説(赤松月船の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松月船 あかまつ-げっせん

1897-1997 大正-平成時代の僧,詩人。
明治30年3月22日生まれ。曹洞(そうとう)宗。赤松仏海の養子。愛媛の瑞応寺,福井の永平寺などで修行。大正7年上京して生田長江に師事。佐藤春夫,室生犀星(むろう-さいせい)らとであい文学活動をはじめる。昭和11年郷里の岡山県にかえり,のち洞松寺,善福寺の住職。平成9年8月5日死去。100歳。旧名は藤井卯七郎。詩集に「秋冷」「花粉の日」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

赤松月船の関連キーワード鵜沢寿梅山円了杵屋佐登代古武弥正佐竹徳寺門仁土井憲治原田憲門司正三若柳吉駒

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone