コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松月船 あかまつ げっせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松月船 あかまつ-げっせん

1897-1997 大正-平成時代の僧,詩人。
明治30年3月22日生まれ。曹洞(そうとう)宗。赤松仏海の養子。愛媛の瑞応寺,福井の永平寺などで修行。大正7年上京して生田長江に師事。佐藤春夫,室生犀星(むろう-さいせい)らとであい文学活動をはじめる。昭和11年郷里の岡山県にかえり,のち洞松寺,善福寺の住職。平成9年8月5日死去。100歳。旧名は藤井卯七郎。詩集に「秋冷」「花粉の日」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松月船の関連キーワード木村 好子村井 武生木村好子山崎斌

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android