コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松月船 あかまつ げっせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松月船 あかまつ-げっせん

1897-1997 大正-平成時代の僧,詩人。
明治30年3月22日生まれ。曹洞(そうとう)宗。赤松仏海の養子。愛媛の瑞応寺,福井の永平寺などで修行。大正7年上京して生田長江に師事。佐藤春夫,室生犀星(むろう-さいせい)らとであい文学活動をはじめる。昭和11年郷里の岡山県にかえり,のち洞松寺,善福寺の住職。平成9年8月5日死去。100歳。旧名は藤井卯七郎。詩集に「秋冷」「花粉の日」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松月船の関連キーワード木村 好子村井 武生木村好子山崎斌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android