コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤玉石 あかだまいし

百科事典マイペディアの解説

赤玉石【あかだまいし】

赤玉とも。赤色の碧玉(へきぎょく)で,不純な玉髄質の塊状石英に多量の酸化鉄が含まれて血赤色を呈するもの。庭石・飾石・貴石として珍重される。佐渡の岩首(佐渡市)産が最も良質だが,北海道今金,静岡県土肥,富山県福光等でも産する。
→関連項目水石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかだまいし【赤玉石】

観賞石(銘石)の一種。磨くと美しい光沢を放つ真紅色の硬い岩石。佐渡島の両津市赤玉,相川町外海府に有名な産地がある。この石は赤みを表すもとになる鉄(III)(赤鉄鉱)を含有する細かい石英の集合からなるケイ質岩(玉髄,碧玉の一種)で,第三紀の火山岩類の中に脈石として産出する。黄玉(褐鉄鉱を含む),青玉(鉄(II),緑色の粘土鉱物を含む),五色めのうも類質の銘石になる。【小林 巌雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android