コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤福餅 アカフクモチ

2件 の用語解説(赤福餅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あかふく‐もち【赤福餅】

小餅に小豆(あずき)のこしあんをまぶした、伊勢の名菓。あんにつけた波形模様は、五十鈴(いすず)川せせらぎを表すという。あかふく。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤福餅
あかふくもち

三重県伊勢(いせ)市の名物餡餅(あんもち)。餅を淡泊なこし餡でくるむ。餡の表面に五十鈴(いすず)川の清流をかたどり、2本の指型をつける。日もちのよいことが特色。赤福餅の創業は1707年(宝永4)。そのころ爆発的に流行した伊勢神宮への「お陰参り」が、初代浜田治兵衛の開業の契機となった。無事お参りを済ませた人々と、幸福を喜びあおうという真心(赤心)で餅の接待に努めたのが、赤福餅の始まりという。しかし当時は砂糖の貴重な時代で、供された餅は塩餡の風味であった。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤福餅の関連情報