せせらぎ(読み)セセラギ

デジタル大辞泉の解説

《古くは「せせらき」「せぜらき」とも》浅瀬などの水の流れる音。また、その流れ。「谷川のせせらぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「せせらき」か。「せぜらき」とも。動詞「せせらぐ」の連用形の名詞化) 浅瀬などに水が流れる音。また、音をたてて流れる小さな、あるいは浅い水の流れ。浅瀬。小川。せせなぎ。せらぎ。
※林葉集(1178)夏「窓ならぬ谷のせせらきふみ見つる折もうれしなともす蛍は」
※謡曲・鵜飼(1430頃)「小鮎(こあい)さ走るせせらきに、かだみて魚はよもためじ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android