コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背く/叛く ソムク

デジタル大辞泉の解説

そ‐む・く【背く/×叛く】

《「背(そ)向く」の意》
[動カ五(四)]

㋐取り決めたことや目上の人の考え・命令などに従わずに反抗したり反対したりする。さからう。「約束に―・く」「親の言いつけに―・く」
㋑謀反する。はむかう。「主君に―・く」
世間や、ある人のもとから離れて行く。去る。離反する。「世を―・く(=出家する)」「妻にまで―・かれる」
予想されることと反対の結果になる。「四番打者の名に―・かぬ大活躍」「ファンの期待に―・く」
その方向に背中を向ける。
「結び灯台のうす暗い灯(ひ)に―・いて」〈芥川・偸盗〉
[可能]そむける
[動カ下二]そむける」の文語形。
[用法]そむく・さからう――「親に背く(逆らう)」「主人の意に逆らう(背く)」などの場合、目上の人の言うことを聞かないの意では相通じて用いられる。◇「そむく」は、抗の意思を言葉よりも行動で表す方に重点がある。「期待にそむく」「約束にそむく」「…の名にそむく」などの使い方は、「さからう」にはない。◇「さからう」は、反抗の意思を言葉や行動で表すことで、「上司にさからって左遷される」は、従わないことから口答えまでを背景に含んでいる。◇「川の流れにさからって泳ぐ」の使い方は「そむく」にはない。◇類似の語「たてつく」は、よりはっきりと反対の意思を言葉と行動に表すことで、特定の対象にしぼられる。「権力(教師)にたてつく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

背く/叛くの関連キーワード志士仁人は生を求めて以て仁を害するなし天に順う者は存し天に逆う者は亡ぶ任務違背行為身骨を砕く違変・違反言を食む大道珠貴誓文腐れ阿蘇惟時弓を引くと雖も口賢い如何はバルナ不徳義枉屈罪悪背違父母放濫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android