コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辿る タドル

デジタル大辞泉の解説

たど・る【×辿る】

[動ラ五(四)]
道筋に沿ってめざす方向へ進む。「家路を―・る」
歩きにくい道や知らない道を確かめながら苦労して行く。迷いながら手探りで進む。「山道を歩一歩と―・る」「いばらの道を―・る」
筋道を追ったり、手がかりを頼ったりして探し求めていく。次から次へと尋ね求める。「話の筋を―・る」「記憶を―・る」「伝(つて)を―・る」
事態がしだいにある方向へ進んでいく。「破滅の一途を―・る」「話が平行線を―・る」
あれこれ物事を考え迷う。
「しばしは夢かとのみ―・られしを」〈桐壺
[可能]たどれる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たどる【辿る】

( 動五[四] )
〔「たどたどし」と同源か〕
知らない道、歩きにくい道を一歩一歩たしかめるようにして進む。 「細い道を-・ってゆくと小さなお宮の前に出た」 「地図を-・りながら進む」
人や動物の通ったあとなどを探しながら進む。 「犯人の足取りを-・る」
手がかりなどをたしかめながら進む。 「文脈を-・りながら読み進む」 「記憶を-・ってゆく」 「縁故を-・って就職を頼む」
道にそって進む。物事がある方向に進む。 「お決まりのコースを-・る」 「家路を-・る」 「下降線を-・る」
あれこれと考え迷う。 「幼心地に深くしも-・らず/源氏 帚木
[可能] たどれる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

辿るの関連キーワードセバスチャン・サルガド 地球へのラブレター壁/S・カルマ氏の犯罪ルイズ 父に貰いし名はにっぽん音吉漂流記フェルマーの原理熱力学の第二法則ジャクソンの法則最小作用の法則TAIWANさいコロがし松崎 天民偽りの花園トロイ遺跡麗わしき鬼MURO涅槃原則姜 南周星の牧場

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辿るの関連情報