コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超強磁場 ちょうきょうじば ultra-high magnetic field

2件 の用語解説(超強磁場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超強磁場
ちょうきょうじば
ultra-high magnetic field

超電導磁石や超電導と常電導磁石を合せたハイブリッド電磁石でつくる,磁場よりもさらに強い数十テスラ以上の磁場をさす。断続的,瞬間的にしか得られず,磁束濃縮法では電磁石コイルを電磁的な力で圧縮する方法などで,10万分の1秒程度超強磁場が発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうきょうじば【超強磁場 ultra‐high magnetic field】

ふつう,70ないし100T以上の磁場を超強磁場という。100TはCGSガウス単位系では1メガガウス(1MG=106G)であるので,超強磁場はしばしばメガガウス磁場とも呼ばれる。
[発生方法]
 1960年にアメリカロス・アラモス研究所のC.M.ファウラーらが1000Tをこえる超強磁場の発生を発表して以来,いろいろな方法による超強磁場発生の研究が行われている。超強磁場は,なんらかの方法によって瞬間的に大電流を円形回路(コイル)に流すことによって発生される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超強磁場の関連キーワード磁化磁気ヒステリシス多原子分子中隊反磁場音信不通普通名詞ウィーデマン効果普通車天体磁場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone