コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利基頼 あしかが もとより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利基頼 あしかが-もとより

?-1538 戦国時代の武将。
足利政氏の子。下総(しもうさ)小弓(おゆみ)城(千葉県)を本拠に関東に勢力拡大をめざす兄義明にしたがい,古河公方(くぼう)足利晴氏をたすける北条氏綱と天文(てんぶん)7年10月7日下総国府台(こうのだい)(千葉県)で交戦。その際,敵将山本兵庫とたたかって勇名をはせたが,討ち死にした。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

足利基頼の関連キーワード戦国時代足利政氏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android