コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足利政氏 あしかがまさうじ

4件 の用語解説(足利政氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足利政氏
あしかがまさうじ

[生]文正1(1466)
[没]享禄4(1531).7.18. 武蔵,久喜
戦国時代の武将。古河公方 (1497~1512) 。成氏の子。永正3 (06) 年子高基と不和になり,同 16年武蔵久喜に隠居。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足利政氏 あしかが-まさうじ

1466-1531 室町-戦国時代の武将。
文正(ぶんしょう)元年生まれ。足利成氏(しげうじ)の長男。扇谷(おうぎがやつ)上杉定正に擁されて山内(やまのうち)上杉顕定(あきさだ)とたたかったが,のち定正と対立し顕定とむすぶ。明応6年父の死により2代古河公方(こがくぼう)となる。北条早雲とむすんだ長男高基(たかもと)と不和になり,永正(えいしょう)9年古河を追われた。享禄(きょうろく)4年7月18日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

足利政氏

没年:享禄4.7.18(1531.8.30)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。成氏の子。2代古河公方。将軍足利義政の諱の1字をもらって元服,政氏と称す。左馬頭。弟顕実を上杉顕定の養子とするなど上杉氏との連携を強化し,古河公方と関東管領を中心とする東国の支配秩序の再建に努力したが,子の高基,空然(義明),基頼らはこれに同調せず,それぞれに新時代への対応を模索し,父子間の溝を深めていった。永正3(1506)年,駿河今川氏や新興の北条早雲と結んだ高基の決起とともに,父子間の数次におよぶ激しい抗争が開始されたが,その間に東国の大名,国人らの支持を失った政氏は,高基に古河公方の座を明け渡し,古河城を没落して下野小山城,武蔵岩槻城などに寄寓,流浪の身となる。やがて一部の家臣に守られ武蔵久喜の甘棠院に隠棲,出家して道長と号し,漸く世俗の権力闘争から自由の身となり,安穏な余生を送った。<参考文献>佐藤博信『古河公方足利氏の研究』

(市村高男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしかがまさうじ【足利政氏】

?‐1531(享禄4)
室町後期の武将。足利成氏の子。第2代古河公方(こがくぼう)。幕府と成氏の都鄙和睦成立後,元服して将軍義政の偏諱(へんき)を得て政氏と称す。従四位下,左馬頭に叙せられる。上杉氏勢力と協調し,公方権力の再編成を図るが,公方家内部の抗争で挫折した。とくに1506年(永正3)以来の子高基との数次にわたる武力抗争および義明らとの対立により,公方家の衰退を招いた。永正年代後期に高基が実質的に古河公方として存在するに至り,古河城を離れて小山城,岩槻城等々を遍歴した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足利政氏の関連キーワード喜連川義氏足利高基古河公方足利義氏(2)梅沢憲益里見義通渋川義尭多賀谷尊経芳春院(1)芳春院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone