コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合指症 ごうししょうsyndactyly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合指症
ごうししょう
syndactyly

隣接する複数の癒合した状態で,先天性奇形の一つである。指間の皮膚のみが癒合しているものから,関節や骨なども癒合しているものまで,程度はさまざまである。原因は不明。機能的にも外観的にも,適当な時期に手術する必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごうし‐しょう〔ガフシシヤウ〕【合指症】

手やの隣り合う指がくっついていること。手術で治る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

合指症【ごうししょう】

手足の指の先天的な形態異常の一つで,隣同士の指が2本,またはそれ以上癒合(ゆごう)している状態。先天性の形態異常のうち,手足の指の異常は頻度が高いが,中でももっとも頻度が高く出現するのが,この合指症である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうししょう【合指症 syndactyly】

隣り合う2本の指が分離せずに,種々の程度に癒合した形をとる奇形で,多指症についで多くみられる先天異常である。足にもみられるが,手に多く,1000~3000人に1人の割で発生する。中指と薬指の間に最も多い。合指の程度はさまざまで,指間にみずかきのある程度の軽いものから,指全体が皮膚で連結されたもの,骨まで癒合している骨性合指症osseous syndactylyなどがある。原因は,胎生6~8週に手指が発生する基となる間葉細胞が障害されることによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の合指症の言及

【指】より

【田隅 本生】
[ヒトの指]
 指は各手足に5本ずつあるが,ときには多指症といって過剰指のあることがあり,また反対に隣接指が癒着して見かけ上指数が足りないこともある。これを合指症という。指の構造は指骨がその支柱をなし,その背側と手掌側(足では足底側)とに指を動かす筋肉の腱がついている。…

※「合指症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合指症の関連キーワードクリッペル=ファイル病形成外科奇形児狭頭症足骨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android