距離空間(読み)きょりくうかん(英語表記)metric space

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「距離空間」の解説

距離空間
きょりくうかん
metric space

集合 R の任意の2点 xy に対して,1つの正数 ρ(xy) が,次の性質を満足するように定義できるとき,この集合 R距離空間という。 (1) ρ(xx)=0 ,(2) ρ(xy)=0 なら xy ,(3) ρ(xy)=ρ(yx) ,(4) ρ(xy)+ρ(yz)≧ρ(xz) 。 ρ を2点 xy の組と ρ(xy) との対応と考えれば,ρ は1つの関数である。この関数を距離関数といい,実数 ρ(xy) を xy の距離という。このような距離の定義されている位相空間を距離空間という。ユークリッド空間 ,ヒルベルト空間,フレッシェの空間などがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「距離空間」の解説

きょり‐くうかん【距離空間】

〘名〙 数学で、距離の定義された集合。集合Aのどの二元a、bに対しても、一つの実数 d(a, b) が対応し、次の四つの条件がみたされる場合のAをいう。d(a, b)≧0、d(a, b)=0 ということと、a=b ということとは同値である。d(a, b)= d(b, a)、d(a, c)≦d(a, b)+d(b, c)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「距離空間」の解説

きょり‐くうかん【距離空間】

任意の二点間に距離が定義される空間。例えば、平面上の二点間では距離が定義できるから、平面は距離空間である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「距離空間」の解説

きょりくうかん【距離空間 metric space】

平面上の2点P,Qの距離をd(P,Q)で表したとき,次の3条件が成り立つ。(1)d(P,Q)≧0でかつPQのときに限ってd(P,Q)=0,(2)d(P,Q)=d(Q,P),(3)d(P,R)≦d(P,Q)+d(Q,R)。一般に,集合Sにおいて,その任意の2元P,Qに対して一つの実数d(P,Q)が定められていて,上の3条件が成り立つとき,Sを距離空間といい,d(P,Q)をPQの距離という。平面上の点P,Q直交座標により(x1,x2),(y1,y2)で表すとき,となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android