車輪梅(読み)シャリンバイ

大辞林 第三版の解説

しゃりんばい【車輪梅】

バラ科の常緑低木。中部以西の海岸付近に生え、また庭や道路の植込みとする。葉は広楕円形で硬く、枝頂付近に車輪状につく。五月頃、枝頂に白色五弁の小花を多数つけ、黒紫色で球形の小果を結ぶ。樹皮を大島紬の染料とする。浜木斛はまもつこく。丸葉車輪梅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

車輪梅 (シャリンバイ)

学名:Rhaphiolepis umbellata
植物。バラ科の常緑低木・小高木,園芸植物,薬用植物

車輪梅 (シャリンバイ)

植物。バラ科の常緑低木・高木,園芸植物。タチシャリンバイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android