コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車輪梅 シャリンバイ

2件 の用語解説(車輪梅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃりん‐ばい【車輪梅】

バラ科の常緑低木。本州南西部・九州の海岸に自生。葉は長楕円形で、枝の上部にほぼ輪状に密生する。5月ごろ、枝先に梅に似た白花が群がって咲く。実は黒紫色。樹皮から大島紬(おおしまつむぎ)の染料をとる。たちしゃりんばい。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃりんばい【車輪梅】

バラ科の常緑低木。中部以西の海岸付近に生え、また庭や道路の植込みとする。葉は広楕円形で硬く、枝頂付近に車輪状につく。五月頃、枝頂に白色五弁の小花を多数つけ、黒紫色で球形の小果を結ぶ。樹皮を大島紬の染料とする。浜木斛はまもつこく。丸葉車輪梅。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車輪梅の関連情報