軟骨形成不全症

内科学 第10版の解説

軟骨形成不全症(先天性結合組織疾患)

 低身長と全身の骨格(体型)異常をもつ常染色体優性の遺伝性疾患であるが,家族歴がなく突然変異として発症する症例も多い.内軟骨性骨化の異常を示す.体型的特徴から200以上の亜系が含められている.
頻度
 最も頻度が多い病型である軟骨無形成症(achondroplasia)でも50000出生に1例程度である.軟骨形成不全症に含められるStickler症候群は10000出生に1例である.
臨床症状
 主要徴候として白内障,硝子体変性,網膜剥離,大きな前額,顔面中央の低形成,口蓋裂,短い四肢,四肢の捻転などがあげられる. Stickler症候群は上記に加え感音難聴や下顎の低形成,関節の脱臼や変性(変形性関節症)による疼痛を生じることから遺伝性進行性関節眼症(hereditary progressive arthro-ophthalmopathy)ともよばれている.四肢の異常に加えて小顎症,舌下垂,口蓋裂(Robin続発症)を認める場合,若年でありながら変形性股関節症を有するもの,あるいはMarfan様の特徴を有し聴力障害,変形性関節症,網膜剥離などを有する場合はStickler症候群の可能性が高い.
診断
 身体的特徴,眼科的検査,骨格系のX線検査で診断する.長管骨がより短くなるが体幹に近い長管骨ほど顕著である(rhizomelic shortening).また,骨密度は濃い.中手骨の遠位端はball-in-socket様にみえる.手指を伸展すると三叉手(trident hand)となる.腰椎X線では左右の椎弓根(interpedicular distance)が下方に行くほど開き,大坐骨切痕は小さく,水平臼蓋も特徴である.遺伝子異常としては軟骨に多いⅡ型コラーゲン遺伝子であるCOL2A1に異常を認める場合がある.特にStickler症候群ではCOL2A1以外にCOL11A1やCOL11A2に異常を認める.Ⅺ型コラーゲンα2は眼には存在しないので,COL11A2の異常によるStickler症候群では眼症状を欠く.また,軟骨無形成症(achondroplasia)では線維芽細胞増殖因子受容体3(FGFR3)の360位のグリシンがアルギニンにかわった変異を示す症例が非常に多い.この変異によりFGFのシグナルが異常となり病的な軟骨形成を示す.
治療
 対症的・保存的治療が中心であるが,口蓋裂は手術適応がある.また,変形性関節症が進行した場合には人工関節への置換が必要となる.定期的に眼科受診を行い,網膜剥離に対する治療に備える.[簑田清次]

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android