コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽らか カルラカ

デジタル大辞泉の解説

かる‐らか【軽らか】

[形動ナリ]かろらか」に同じ。
「齢つもらず―なりしほどに」〈夕霧

かろ‐らか【軽らか】

[形動][文][ナリ]
いかにも軽そうなさま。かろやか。かるらか。
「―に廊を歩みゆく人あり」〈鴎外訳・即興詩人
たやすいさま。手軽だ。かるらか。
「道のほども―にしなしたり」〈・松風〉
軽率なさま。また、むぞうさなさま。かるらか。
「山賤(やまがつ)の見る目も―なる御歩き、あるまじきことなり」〈夜の寝覚・二〉
身分が低いさま。かるらか。
「―なる御身ならねば」〈宿木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かるらか【軽らか】

( 形動ナリ )
かろらか」に同じ。 「 -にはひ渡り/源氏 胡蝶

かろらか【軽らか】

( 形動ナリ )
軽そうなさま。かろやか。 「例の急ぎ出で給ひて、-にうち乗せ給へれば/源氏 夕顔
手軽なさま。無造作なさま。かるらか。 「人に見とがめられじの心もあれば、道のほども-にしなしたり/源氏 松風
軽々しいさま。軽率。かるらか。 「さやうに-に語らふわざをもすなれ/源氏 明石
身分・地位などがさして高くないさま。かるらか。 「むかし-なるうへ人などにて見し人々おもおもしき上達部にてあるも/右京大夫集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軽らかの関連キーワード打ち解け言胡蝶

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android