コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽尻/空尻 カラジリ

1件 の用語解説(軽尻/空尻の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

から‐じり【軽尻/空尻】

《「からしり」とも》
江戸時代、宿駅で旅人を乗せるのに使われた駄馬。人を乗せる場合は手荷物を5貫目(18.8キロ)まで、人を乗せない場合は本馬(ほんま)の半分にあたる20貫目まで荷物を積むことができた。からしりうま。
積み荷をもたない馬。荷物のない、からの馬。
「ここに小荷駄が二疋あいて、―になった」〈雑兵物語・下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軽尻/空尻の関連キーワード駅路伝馬役馬差晒し者四駅私領そしりはしり伝馬所鬘師友九出来島小ざらし(2代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone