軽尻(読み)かるじり

精選版 日本国語大辞典の解説

かる‐じり【軽尻】

〘名〙
※御触書寛保集成‐二二・正徳三年(1713)九月「軽尻下荷五貫目、外に蒲団跡付中敷小付一式」
② (形動) 動作が活発なこと。気軽に、まめに動くこと。また、そのさま。尻軽。
※評判記・冬至梅宝暦評判記(1751‐64頃)六「狂言にかるきや兼右衛門といふ町人にて、軽尻に度々はたらく処、役割にかまわぬおとなしいと申」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

から‐じり【軽尻/空尻】

《「からしり」とも》
江戸時代、宿駅で旅人を乗せるのに使われた駄馬。人を乗せる場合は手荷物を5貫目(18.8キロ)まで、人を乗せない場合は本馬(ほんま)の半分にあたる20貫目まで荷物を積むことができた。からしりうま。
積み荷をもたない馬。荷物のない、からの馬。
「ここに小荷駄が二疋あいて、―になった」〈雑兵物語・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android