コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽米町 かるまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽米〔町〕
かるまい

岩手県北部,青森県に接する内陸の町。 1925年町制。 55年小軽米,晴山の2村と合体,現町域となる。町名はアイヌ語に由来するといわれる。中心地区の軽米は九戸街道に沿う宿場町として発展。藩政時代には付近に砂鉄を産し,南部鉄瓶,鍋,釜,農具などをつくり,多くの銅屋 (鋳物業者) があった。八戸市,久慈市の中間に位置し,各方面との交流が盛ん。町域の大部分は丘陵地帯で,耕地は雪谷川沿いにあり,ムギや雑穀類が栽培され,用材,枕木,薪炭の生産も多い。畜産,リンゴの栽培も普及している。南西部の折爪 (おりづめ) 岳山麓は折爪馬仙峡県立自然公園に属する。町域を東西に国道 395号線 (旧九戸街道) ,南北に 340号線と八戸自動車道が通り,軽米インターチェンジがある。面積 245.82km2。人口 9333(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

軽米町の関連キーワード岩手県九戸郡軽米町小軽米岩手県九戸郡軽米町上舘岩手県九戸郡軽米町蛇口岩手県九戸郡軽米町高家岩手県九戸郡軽米町山内岩手県九戸郡軽米町狄塚岩手県九戸郡軽米町長倉岩手県九戸郡軽米町晴山岩手県九戸郡軽米町円子岩手県九戸郡軽米町軽米軽米町歴史民俗資料館岩手県九戸郡軽米町の要覧廃校の再活用軽米(町)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽米町の関連情報