辰巳 柳太郎(読み)タツミ リュウタロウ

20世紀日本人名事典の解説

辰巳 柳太郎
タツミ リュウタロウ

昭和期の俳優



生年
明治38(1905)年4月20日

没年
平成1(1989)年7月29日

出生地
兵庫県赤穂郡坂越村(現・赤穂市)

本名
新倉 武一

別名
前名=東 吾作,辰巳 吾作

学歴〔年〕
大阪市立関西甲種商業学校中退

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和44年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和51年〕,長谷川伸賞(第17回)〔昭和57年〕,松尾芸能賞(演劇特別賞 第4回)〔昭和58年〕,上方芸能人顕彰(平11年度)〔平成12年〕

経歴
旅まわりを経て、大正15年坪内士行らの宝塚国民座に入り、東吾作を名乗る。昭和2年新国劇に入座、「井伊大老の死」の駕籠かきが初役。巳吾作、のち柳太郎と称す。4年創始者沢田正二郎の急死後、島田正吾とともに大抜擢され、後継者の道を歩み、新国劇を隆盛に導く。国定忠治、宮本武蔵、「大菩薩峠」の机龍之介、「王将」の坂田三吉、「無法松の一生」の松五郎、どぶろくの辰などが当たり役。芸風は、天衣無縫で豪放。劇団新国劇は54年に一度倒産、その後再建したが、苦しい経営が続き、62年創立70周年を機に解散となった。その後は自ら東宝系諸劇場や明治座などに、重要な脇役として活躍。また戦後は映画にも出演、「どぶろくの辰」「武蔵と小次郎」「国定忠治」「沓掛時次郎」「平手造酒」「消えた中隊」「王将一代」「関の弥太っぺ」「江戸一寸の虫」など数多く主演した。晩年は味わいのある老人役で多くのテレビドラマにも出演した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

辰巳 柳太郎
タツミ リュウタロウ


職業
俳優

本名
新倉 武一

別名
前名=東 吾作,辰巳 吾作

生年月日
明治38年 4月20日

出生地
兵庫県 赤穂郡坂越村(赤穂市)

学歴
関西甲種商中退

経歴
旅まわりを経て、大正15年坪内士行らの宝塚国民座に入り、東吾作を名乗る。昭和2年新国劇に入座、「井伊大老の死」の駕籠かきが初役。辰巳吾作、のち柳太郎と称す。4年創始者沢田正二郎の急死後、島田正吾とともに抜擢される。以来、“辰巳の剛”と“島田の柔”、“天才肌の辰巳”“学究肌の島田”と比較され異なる個性を持つ終生のライバルとなった島田とともに二枚看板として活躍、新国劇を隆盛に導く。国定忠治、宮本武蔵、「大菩薩峠」の机竜之介、「王将」の坂田三吉、「無法松の一生」の松五郎、どぶろくの辰などが当たり役。芸風は、天衣無縫で豪放。劇団新国劇は54年に一度倒産、その後再建したが、苦しい経営が続き、62年創立70周年を機に解散となった。その後は自ら東宝系諸劇場や明治座などに、重要な脇役として活躍。また戦後は映画にも出演、「どぶろくの辰」「武蔵と小次郎」「国定忠治」「沓掛時次郎」「平手造酒」「消えた中隊」「王将一代」「関の弥太っぺ」「江戸一寸の虫」など数多く主演した。晩年は味わいのある老人役で多くのテレビドラマにも出演した。

受賞
紫綬褒章〔昭和44年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和51年〕 長谷川伸賞(第17回)〔昭和57年〕,松尾芸能賞(演劇特別賞 第4回)〔昭和58年〕,上方芸能人顕彰(平11年度)〔平成12年〕

没年月日
平成1年 7月29日 (1989年)

家族
長女=新倉 美子(元ジャズ歌手)

伝記
芝居の神様―島田正吾・新国劇一代新国劇終幕の思想―演劇人の死みごとな幕切れふり蛙―新国劇70年あれこれ 吉川 潮 著真鍋 秀夫 著北川 登園 著戸板 康二 著島田 正吾 著(発行元 新潮社元就出版社白水社三月書房朝日新聞社 ’07’05’93’90’88発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

辰巳 柳太郎 (たつみ りゅうたろう)

生年月日:1905年4月20日
昭和時代の俳優
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辰巳 柳太郎の関連情報