コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓掛時次郎 くつかけ ときじろう

3件 の用語解説(沓掛時次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沓掛時次郎 くつかけ-ときじろう

長谷川伸の同名の戯曲の主人公
信濃(しなの)(長野県)沓掛宿の博徒。一宿一飯の義理から博徒の三蔵をきり,その身重の女房きぬのために足をあらってつくそうとする。原作は昭和3年「騒人」に発表され,以後股旅物の傑作として新国劇新作歌舞伎で上演,映画化もされて人気をよんだ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沓掛時次郎
くつかけときじろう

長谷川伸(はせがわしん)原作の三幕戯曲。1928年(昭和3)6月『騒人(そうじん)』に発表、11月柳蛙(りゅうあ)書房より刊行。同年12月帝国劇場で新国劇の沢田正二郎(しょうじろう)によって初演された。『一本刀土俵入』『瞼(まぶた)の母』などと並ぶ、いわゆる「股旅(またたび)物」の傑作で、時次郎が堅気を夢み哀調のこもった節回しで小諸追分(こもろおいわけ)を流してゆく場面は、大衆のなかのシンボルとして存在するようになり、新作歌舞伎(かぶき)の演目として欠かせないものとなっている。[藤野泰造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沓掛時次郎の関連情報