コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓掛時次郎 くつかけ ときじろう

3件 の用語解説(沓掛時次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沓掛時次郎 くつかけ-ときじろう

長谷川伸の同名の戯曲の主人公
信濃(しなの)(長野県)沓掛宿の博徒。一宿一飯の義理から博徒の三蔵をきり,その身重の女房きぬのために足をあらってつくそうとする。原作は昭和3年「騒人」に発表され,以後股旅物の傑作として新国劇新作歌舞伎で上演,映画化もされて人気をよんだ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉の解説

くつかけときじろう〔くつかけときジラウ〕【沓掛時次郎】

長谷川伸の戯曲。3幕。昭和3年(1928)、「騒人」誌に発表。同年12月、帝国劇場にて初演。歌舞伎や映画化作品もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沓掛時次郎
くつかけときじろう

長谷川伸(はせがわしん)原作の三幕戯曲。1928年(昭和3)6月『騒人(そうじん)』に発表、11月柳蛙(りゅうあ)書房より刊行。同年12月帝国劇場で新国劇の沢田正二郎(しょうじろう)によって初演された。『一本刀土俵入』『瞼(まぶた)の母』などと並ぶ、いわゆる「股旅(またたび)物」の傑作で、時次郎が堅気を夢み哀調のこもった節回しで小諸追分(こもろおいわけ)を流してゆく場面は、大衆のなかのシンボルとして存在するようになり、新作歌舞伎(かぶき)の演目として欠かせないものとなっている。[藤野泰造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沓掛時次郎の関連キーワード長谷川伸三四郎長谷川長谷川流シモン・ボッカネグラ駒形茂兵衛長谷川等雪服部伸番場の忠太郎関の弥太っぺ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沓掛時次郎の関連情報