コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沓掛時次郎 くつかけ ときじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沓掛時次郎 くつかけ-ときじろう

長谷川伸の同名の戯曲の主人公。
信濃(しなの)(長野県)沓掛宿の博徒一宿一飯の義理から博徒の三蔵をきり,その身重の女房きぬのために足をあらってつくそうとする。原作は昭和3年「騒人」に発表され,以後股旅物の傑作として新国劇や新作歌舞伎で上演,映画化もされて人気をよんだ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沓掛時次郎
くつかけときじろう

長谷川伸(はせがわしん)原作の三幕戯曲。1928年(昭和3)6月『騒人(そうじん)』に発表、11月柳蛙(りゅうあ)書房より刊行。同年12月帝国劇場で新国劇の沢田正二郎(しょうじろう)によって初演された。『一本刀土俵入』『瞼(まぶた)の母』などと並ぶ、いわゆる「股旅(またたび)物」の傑作で、時次郎が堅気を夢み哀調のこもった節回しで小諸追分(こもろおいわけ)を流してゆく場面は、大衆のなかのシンボルとして存在するようになり、新作歌舞伎(かぶき)の演目として欠かせないものとなっている。[藤野泰造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沓掛時次郎の関連キーワード金井 謹之助沢田 正二郎小田部 通麿海江田 譲二辰巳 柳太郎島田 正吾酒井 米子沢田正二郎奥山 貞吉池内 淳子長谷川 伸加藤 泰島田正吾如月 敏池広一夫谷屋 充如月敏加藤泰龍美麗

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沓掛時次郎の関連情報