コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平手造酒 ヒラテミキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平手造酒 ひらて-みき

講談・浪曲の「天保水滸伝(すいこでん)」の登場人物。
江戸時代後期の剣術家。千葉周作の門下。酒がもとで破門され,胸の病におかされながら下総(しもうさ)で博徒の親分笹川繁蔵の用心棒となる。天保15年飯岡(いいおか)助五郎一家との大利根河原(おおとねがわら)の決闘で奮戦,重傷を負って死ぬ。平田深喜(みき)という実在人物がモデル。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

平手造酒

没年:弘化1.8.7(1844.9.18)
生年:生年不詳
江戸後期の博徒の用心棒,無宿浪人。本名は平田深喜。名は深木,三亀とも書く。一説には流浪の末,下総国香取郡(千葉県)の名主に身を寄せ,剣術道場を開いていた浪人といわれる。天保15(1844)年利根川河原での博徒笹川繁蔵一味の召し捕りにからむ飯岡助五郎との出入りに際し,繁蔵方の助っ人として加わり斬死したとされる。後年の講談,浪曲の「天保水滸伝」では江戸お玉ケ池の千葉道場仕込みの北辰一刀流の使い手にして病の末の素浪人として描かれ,繁蔵,助五郎に劣らぬキャラクターとなって人気を博した。

(高橋敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひらてみき【平手造酒】

?‐1844(弘化1)
江戸後期の博徒の用心棒。出身などはいっさい不明である。江戸の神田お玉ヶ池の千葉道場の俊英であったが破門され,田舎回りの剣術指南で歩く浪々の身となった。下総の笹川で博徒の親分繁蔵と知り合い,その客分となり,大利根河原の決闘で斬り結ぶうち全身に傷を負い,後に死んだ。この平手造酒のイメージは,講談,浪曲の《天保水滸伝》で作られたものである。実名は平田深喜という。一説によると,笹川繁蔵は平田を飯岡助五郎方のスパイと疑い,出入りの直前に刀を取りあげてしまったので,平田はやむをえず,やくざ物の脇差で戦ったが,すぐに鍔元より折れ,11ヵ所の切傷を受け落命したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひらてみき【平手造酒】

講談「天保水滸伝」に登場する剣客。千葉周作門下。破門されて下総の俠客笹川繁蔵に身を寄せ、繁蔵と飯岡助五郎の出入りに助っ人として活躍するが斬り殺される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

平手造酒の関連キーワード『座頭市』シリーズおもな浪花節の演目T.AKIRA石山 健二郎辰巳 柳太郎中山 義秀村松 梢風落合 浪雄九重 京司森野 五郎國本鍾建山村 聡没年

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平手造酒の関連情報