コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農事法[フランス] のうじほうフランス Code rural

1件 の用語解説(農事法[フランス]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農事法[フランス]
のうじほうフランス
Code rural

農業法典とも呼ばれるフランス革命期の 1791年9月 28日,農耕地の囲い込みの自由,共同放牧の制限などを定めた法典。ラメルビユの提案による。「フランスの土地はそこに住む人間と同様に自由である」,したがって,「土地所有者は,他人の権利を侵さず,法に従うかぎりにおいて,その欲するままに土地の耕作や経営を変え,その土地の産物を貯蔵し王国の内外で自由に処分することができる」とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農事法[フランス]の関連キーワードオーラールマティエフランス大革命パリ・コミューン《1789年――フランス革命序論》フランス革命議会《フランス革命史》(カーライル)《フランス革命史》(ティエール)《フランス革命の省察》《フランス革命の政治史》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone