コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農桑輯要 のうそうしゅうよう Nong-sing ji-yao

3件 の用語解説(農桑輯要の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農桑輯要
のうそうしゅうよう
Nong-sing ji-yao

中国,元代の官撰の農書。7巻。至元 23 (1286) 年に成る。元代を通じて重用された農業指導書で,内容は耕墾,播種,栽桑,養蚕,果実など 10門から成り,『斉民要術』以来の各種の農書を要領よくまとめて印刷頒布したものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のうそうしゅうよう【農桑輯要 Nóng sāng jí yào】

中国,元代の農書。1286年(至元23)刊。世祖の命による官撰の農書である。王磐の序に〈古今の農書を閲覧,参考にして繁重を去り切要のものをとって作った〉とあるごとく,《斉民要術》ほか約50種といわれる書物から有用の文を採り,さらに時代に適合するよう若干の増補(約1割という)をし,簡にして要を得たすぐれた農書と評されている。本書はその性質上元一代の農業指導書としての位置を保ち,仁宗,英宗,文宗のときにも刊行されたが,元刊本は現存せず,明刊本も定本というべきものはないという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農桑輯要
のうそうしゅうよう

中国、元の世祖フビライの命により編集された官撰(かんせん)農書。1286年全国に頒布(はんぷ)され、元朝農政の基本とされた。『斉民要術(せいみんようじゅつ)』をはじめ古今の農書から必要事項を精選し、木綿など新作物の記述も多く、内容は高く評価されている。典訓、耕墾、播種(はしゅ)、栽桑、養蚕、瓜菜(かさい)、果実、竹木、薬草、孳畜(じちく)の10部門から構成される。元代の刊本は現存せず、通行本は清(しん)代に刊行された武英殿聚珍版全書輯本(ぶえいでんしゅうちんばんぜんしょしゅうほん)を底本としている。[島居一康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農桑輯要の関連キーワード趙孟頫農書綿圃要務会津農書アジュル高麗美術私家農業談ジャマール・アッディーン至元通行宝鈔《中国古農書考》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone