コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迄に マデニ

1件 の用語解説(迄にの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まで‐に【×迄に】

[連語]《副助詞「まで」+格助詞「に」》
動作・作用の至り及ぶ限度・範囲を表す。…に至るまで。…まで。「月末迄に書きあげよう」
「我が紐を妹(いも)が手もちて結八(ゆふや)川またかへり見む万代(よろづよ)―」〈・一一一四〉
動作・作用の至り及ぶ程度を表す。…ほど。…くらいに。「完膚(かんぷ)なき迄にたたきのめす」
「あさぼらけ有明(ありあけ)の月と見る―吉野の里に降れる白雪」〈古今・冬〉
動作・作用がそれ以上には及ばない意を表す。「御礼のしるし迄に持参いたしました」
[補説]「に」を間投助詞とする説もあるが、用法は「まで」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

迄にの関連キーワードさえにすらにすらをそえにとしなんと副助詞並立助詞をして程に

迄にの関連情報