コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迄に マデニ

デジタル大辞泉の解説

まで‐に【×迄に】

[連語]《副助詞「まで」+格助詞「に」》
動作・作用の至り及ぶ限度・範囲を表す。…に至るまで。…まで。「月末迄に書きあげよう」
「我が紐を妹(いも)が手もちて結八(ゆふや)川またかへり見む万代(よろづよ)―」〈・一一一四〉
動作・作用の至り及ぶ程度を表す。…ほど。…くらいに。「完膚(かんぷ)なき迄にたたきのめす」
「あさぼらけ有明(ありあけ)の月と見る―吉野の里に降れる白雪」〈古今・冬〉
動作・作用がそれ以上には及ばない意を表す。「御礼のしるし迄に持参いたしました」
[補説]「に」を間投助詞とする説もあるが、用法は「まで」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

迄にの関連キーワード日野コンテッサ 1300クーペPD300型日野ルノー PA型三菱A型副助詞斯く迄格助詞しるし犬脅し其れ迄寂静直ぐ遊楽不敏万代連語完膚動作細水白雪有明

迄にの関連情報