近江源氏(読み)オウミゲンジ

大辞林 第三版の解説

おうみげんじ【近江源氏】

近江国にいた源氏の一族。宇多源氏の流れ。佐々木荘を本拠とした佐々木氏が最も有名。のちの京極氏・六角氏もこの流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おうみ‐げんじ あふみ‥【近江源氏】

[一] 宇多源氏一族のうち、近江国(滋賀県)に住んでいたもの。蒲生郡佐々木庄を本拠とした佐々木氏がもっともく知られ、のち京極、六角、黒田、尼子氏などとなった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android