近藤 朔風(読み)コンドウ サクフウ

20世紀日本人名事典「近藤 朔風」の解説

近藤 朔風
コンドウ サクフウ

明治・大正期の詩人



生年
明治13(1880)年

没年
大正4(1915)年1月15日

本名
近藤 逸五郎

学歴〔年〕
東京外国語学校卒,東京音楽学校選科

経歴
主としてドイツ近代歌曲を選び、新しい訳詞を付して紹介した。明治36年東京音楽学校でオペラオルフェウス上演の際、石倉小三郎、乙骨三郎らと共に歌詞の日本語訳を担当した。その後、山田源一郎の「音楽新報」に歌曲の訳を掲載。「独唱名曲集」「女声唱歌」(天谷秀と共編)を編み、ウェルナー「野なかの薔薇」、シューベルト「菩提樹」、ジルヘル「ローレライ」などは今にうたいつがれている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android