コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条約勅許問題 じょうやくちょっきょもんだい

4件 の用語解説(条約勅許問題の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

条約勅許問題
じょうやくちょっきょもんだい

江戸時代末期,開港当時の条約勅許をめぐる朝廷と幕府との間の紛争。ペリー渡来以来,列強の開国要求は相次いだが,朝廷は常に攘夷思想により開国に反対するとともに,条約の締結には勅許の必要なことを説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

条約勅許問題【じょうやくちょっきょもんだい】

1854年の神奈川条約の調印で,幕府は朝廷に対して事後報告にとどまったが,日米修好通商条約では締結反対派を抑えるため勅許を得ようとした。1857年から翌年にかけて二転,三転はあったものの朝廷は諸大名の衆議を尽くして再度奏聞せよとの勅諚(ちょくじょう)を下す。
→関連項目安政五ヵ国条約岩倉具視孝明天皇尊王攘夷運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じょうやくちょっきょもんだい【条約勅許問題】

1857年(安政4)から67年(慶応3)に至る幕末政治史上最大の内政外交問題。幕府は1854年の日米和親条約締結に際して朝廷にアメリカ国書を奏聞したが,調印については事後報告を行うにとどまった。しかし,日米修好通商条約の調印問題には国内の反対派を押さえるために勅許を得るべく,57年幕吏を上洛させた。朝廷の調印反対,攘夷の意は強く,このため外交責任者の老中堀田正睦(まさよし)は翌年2月みずから上洛し,国際情勢の変化を説き勅許を奏請したが,朝廷は諸大名の衆議を尽くして再度奏聞せよとの勅諚を下した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

条約勅許問題
じょうやくちょっきょもんだい

安政(あんせい)五か国条約の勅許をめぐる朝廷と幕府の政治抗争。幕末、列国の開国要求に対し、幕府は最初、朝廷の承認を得て和親条約を締結する方針をとったが、鎖国攘夷(じょうい)主義の朝廷は、通商条約の締結に反対して勅許を与えず、そのため大老井伊直弼(いいなおすけ)は幕府の専断で通商条約に調印した。この結果、攘夷運動が尊王主義の形をとって反幕府運動に発展し、幕府は列国の圧力と尊王攘夷運動との板挟みになって苦悩することとなった。列国は、頻発する攘夷事件に幕府の統治能力を疑問視するに至り、イギリスをはじめとするフランス、アメリカ、オランダの4国代表は、ついに実力を行使して攘夷派の拠点である長州藩を屈服させる(四国連合艦隊下関(しものせき)砲撃事件)。一方、兵庫開港の履行と条約自体に実効を与えるため、1865年(慶応1)9月、兵庫沖に艦隊を集結させて条約勅許を獲得せよと幕府に迫った。徳川慶喜(よしのぶ)ら幕府当局者は力を尽くして朝廷を説得し、ようやく列国の圧力を認識した朝廷は、10月5日勅許を与えた。こうして朝廷が条約の批准権をもつことが明白となった一方、朝廷が開国に同意したので、攘夷運動も退潮に向かうこととなった。[田中時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の条約勅許問題の言及

【安政の大獄】より

…多数の逮捕者と処刑者が出た。
[原因]
 大獄の原因となったのは,将軍継嗣問題条約勅許問題とをめぐる領主階級内部の政争である。1853年(嘉永6)に13代将軍となった徳川家定は,このときすでに30歳であったが1人の子女もなく,また政務をとる能力に欠けていた。…

【将軍継嗣問題】より

…家定の継嗣問題は,日米修好通商条約の締結がからんだため,一段と激烈で複雑な政争となった。両派内それぞれに条約への賛否両論を抱え,しかもそれぞれに条約勅許問題を継嗣問題を有利に展開させるための取引材料としたからである。この決着は,58年彦根藩主井伊直弼の大老就任によってつけられた。…

※「条約勅許問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

条約勅許問題の関連キーワード高橋栄子竹内真葛林康満小沢槐蔭山崎杏霞山井氏興秋山平十郎伊藤欽亮三笑亭可楽(3代)早竹虎吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone