コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近重真澄 ちかしげ ますみ

美術人名辞典の解説

近重真澄

化学者・理学博士。高知県生。東大卒。久原躬弦と有機化学研究を行い、また『過塩素酸水銀塩類につきて』等で我国の無機化学の理論的研究への道を開いた。京大理科大学長・京大化学研究所長・京大名誉教授等を歴任。昭和16年(1941)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近重真澄 ちかしげ-ますみ

1870-1941 明治-昭和時代前期の化学者。
明治3年生まれ。五高教授をへて京都帝大教授。無機化学・有機化学両面を研究し,理論化学の発展につとめた。日本化学会会長。昭和16年11月16日死去。72歳。土佐(高知県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近重真澄
ちかしげますみ
(1870―1941)

無機化学者。高知市生まれ。東京帝国大学理科大学化学科卒業後、同大学院に学び、第五高等学校教授となる。過塩素酸水銀塩類に関する研究、テルルの原子量に関する研究などを発表。1898年(明治31)京都帝国大学化学教室助教授に招かれ、久原躬弦(くはらみつる)とともにインジゴとその誘導体の合成など有機化学の研究にも携わり、1902年理学博士となる。1905~1908年ドイツに留学、タンマンの下で研究。帰国後、教授に任ぜられ無機化学講座を担当し、硫黄(いおう)、セレン、テルルその他の二元系・三元系状態図の研究を精力的に進め、日本の理論無機化学、金相学の基礎を築いた。のちに古銅器や日本刀の金属学的研究も行う。1918年(大正7)京都大学理学部長となり、地質鉱物学教室の創設、物理学・化学教室の拡充、生物化学研究室の増設などに力を尽くし、化学研究所初代所長を務めた。1927年(昭和2)には日本化学会会長に選ばれ、理論化学の発展に貢献した。昭和16年11月16日没。[後藤忠俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android