コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透波 すっぱ

2件 の用語解説(透波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透波
すっぱ

乱波 (らっぱ) ,忍,草ともいう。戦国大名野武士,強盗などのうちから呼出してこれを養い,間諜,隠密などに使ったもの。一種の賤民として扱われている。一説に,透波は甲斐以西の称で,関東では乱波と称したという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透波
すっぱ

素波・水波とも書く。戦国大名たちが抱え置いた忍びの上手の一群、その別名・俗称。一般に甲州以西、伊賀・甲賀などでも「すっぱ」といい、関東では「らっぱ」(乱波)、所によりとっぱ」(鳥波・突破)などとよんだ。『武家名目(みょうもく)抄』には「透波とよばれる種類は、大かた野武士・強盗などの内より、よび出されて扶持せらるゝもの、されば間者(かんじゃ)・かまり(物見(ものみ))・夜討(ようち)などには殊(こと)に便(べん)あり」といい、『北条(ほうじょう)五代記』には「乱波と名付、……其国々の案内(あない)をよく知り、心横道(よこみち)なる曲者(くせもの)多かりし、……横道なる者となり」といっている。また美濃(みの)・近江(おうみ)の透波のうち、醒井(さめがい)の韋駄天(いだてん)、変化(へんげ)の六平(ろっぺい)、竜馬(りょうま)の小八(こはち)などとよばれる早道(はやみち)の一番(いちばん)や忍びの名人たちには、並(なみ)の透波の宛行(あてがい)の5人前を給せられたという。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透波の関連キーワードラッパー乱波がらっぱち喇叭手喇叭節しらっぱく・れる素っ破ヤラッパ根パラッパラッパーパラッパラッパー2

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

透波の関連情報