曲者/癖者(読み)クセモノ

デジタル大辞泉の解説

くせ‐もの【曲者/癖者】

盗賊などの怪しい者。「―が忍び込む」
ひと癖あって、したたかな人物。「ああみえて彼はなかなかの―だ」「―ぞろい」
表面には現れていない何かがありそうで、油断できないこと。「話のうますぎるところが―だ」
普通とは違った人物。なみなみでない人。
「光盛こそ奇異の―組んで討って候へ」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょく‐しゃ【曲者】

〘名〙
① 芸能にすぐれた人。芸能をよくする人。
※五音曲条々(1429‐41頃)「ただなまりの内の是非を聞き分くる事、堪不の曲者によるべし」
② 能楽で、音曲の演者。
※羅葡日辞書(1595)「Archimimus〈略〉アソビュウド、ヲトギ、qiocuxano(キョクシャノ) カシラ、キャウゲンダユウ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android